バイクが趣味という方

趣味としてのバイク

バイクを趣味として楽しむ。

バイクが趣味だという人は結構います。世間からは危ない乗り物と言われますが、危険を理解した上で、それでも乗りたいと思わせる魅力があるからです。体で風を感じながら走ると、気温の変化や匂いをいち早く感じることが出来、季節の移り変わりなどを体感することが出来ます。また視界が広くなって、車じゃ気付かなかった景色や店などを新たに発見することもあります。そして経験上、バイク乗りは共通の趣味を持つ者同士、年齢や立場を超えてすぐに仲良くなれます。エンジンをかけて走り出せば普段の日常生活から抜け出すことが出来、溜まったストレスを解消出来る最高のツールだと思います。危険を理解した上で、家族や大切な人に迷惑をかけないようにするのが、大人の楽しみ方ですね。

大型

風と一体になれるのがバイクです

最近は大型免許の取得が昔と比べて簡単になってきたのか、大型のバイクを取得して、週末にツーリングをするのが趣味という人も増えてきています。自動車と比べて雨が降れば濡れてしまい、また寒い日や暑い日はそれをしのぐエアコンも無く、ヘルメットもかぶってしまうため髪型もくずれてしまうバイクのどこが良いのだろうかと思う人も多いでしょう。しかし、車には無い風を受けて走行する一体感やマフラーからの音、エンジンのピストンの振動といったものが、いかにも機械を操作しているといった感覚で、車には無い一体感があるのも事実です。趣味としては最高のものであり、また年配になっても続けることができるものです。

↑PAGE TOP